会則 Membership

活動 Activity

第1条(名称) 本会は任意団体であり、名称を「ジャパン・グローカル・ネットワーク」とする。
(略称JGLN:Japan Glocal Network
第2条(目的)
(1)
地域社会への役立ち、課題解決を志す企業家・起業家等の相互交流の場を目指す。
(2)
国内および海外とのネットワークを構築し、国際交流並びにビジネスマッチングの機会提供をする。
第3条(活動内容) 定期的な「例会」=セミナー・ケーススタディー・交流会等を開催する(3ヶ月に1回程度)
(1)
必要テーマごとに「委員会」を組織し、相互研鑽・相互研究を図る。
(2)
「海外ネットワーク」との相互交流を推進する。
(3)
本会を通してのビジネス成果については、成功報酬(収益)の原則10%を本会事務局に提供するものとする。
第4条(会員)
(1)
上記、第2条に関心があり、想いを同じくする方を会員とする。
(2)
企業家〜社会起業家〜NPO〜ボランテイア活動家まで、本会の趣旨にふさわしい方であれば、業種・役職・年齢等は問わない。
(3)
第7条1項にて所定の手続きを経て、入会の承認を得たものとする。
第5条(組織) 本会の運営と活動を推進するための執行機関として、以下の組織および役員を置くこととする。任命期間は各1年とし、総会による承認を前提に、更新は妨げない。
(1)
顧問 若干名
(2)
代表 1名
(3)
副代表 2名
(4)
事務局長 1名
(5)
監事 1名
尚、役員会は三役(代表・副代表・事務局長)で構成し、必要に応じて代表指示に基づき「役員会会議」を開催する。
第6条(入退会)
(1)
本会への入会を希望するものは、入会申込書を事務局に提出し、事務局による書類による審査ならびに役員による面接を経て、会員として承認される。入会に当たっては現会員の紹介・推薦を必要とする。ただし、ネットワークビジネス業については入会をお断りするものとする。
(2)
入会後、本会又は他の会員等に迷惑をかけたと判断されたときは、事務局の意見具申を経て役員会に諮り、退会処置をとることがある。
(3)
上記1)および2)については、速やかに会員各位に連絡・公表するものとする。
第7条(会費)
(1)
「年会費」は個人会員は10,000円、法人会員は30,000円とする。オブザーバーは2,000円(例会時に納める)とする。
ただし、入会初年度は一律10,000円とし、別途、協賛金(1万円)を納めることとする。
(2)
上記は通信費・広告宣伝費・講師講演料・事務委託料等、会の維持・運営経費に充当する。
(3)
例会・委員会・セミナー・交流会等への参加費については「会費制」とし、その都度清算とする。
第8条(運営)
(1)
前記、第3条に順ずる活動・運営を具体化、推進する。
(2)
その他、役員会で別途協議し、社会貢献・還元事業等を企画・推進することがある。
第9条(総会)
(1)
総会は全会員をもって構成し、本会の最高意思決定機関として基本方針ならびに重要政策、および年間計画等を決定する。
(2)
総会は一年に一回開催、役員会の指示に基づき、事務局が招集する。
(3)
総会の議決は、総会主席者の過半数による。
(4)
役員の選任及び辞任は、総会にて承認を要する。
第10条(事務局)
(1)
事務局は、総会決定方針を踏まえ、役員会の指示・負託を受け、執行機能および会計機能を代行する。
(2)
会の運営・執行に当たっては、公正・公平・公明を旨とする。
(3)
本会の事務局は、「(株)ディプロム事務所内」に置く。
所在地:〒542-0081 大阪市中央区南船場2-11-26 KDX南船場第2ビル102 
TEL:06-6121-8131 FAX:06-6121-8132
(4)
事務局長補佐ならびに機能強化のため、若干名のスタッフを置くことがある。
(5)
事務局機能については別途協議の上、外部に業務委託することがある。
第11条(会計年度) 本会の会計年度は、10月1日から〜9月31日までとする。
第12条(会則の制定と変更)
(1)
本会則は、平成20年10月10日付けで制定される。
(2)
本会則の改正・変更は、総会の決議によってこれを行う。
第13条(海外との連携)
(1)
本会の目的遂行の一環として、国内のみならず、海外との連携を推進する。
(2)
米国:「シリコンバレー・ジャパニーズ・アントレプレナー・ネットワーク」(略称:SVJEN)とは、姉妹提携を締結し、相互交流を推進する。
以上